投球痛について

スポーツをやっている場合には、いちどぐらい怪我をするものですが長期的に痛みが伴う場合などはそのスポーツを一旦離脱しなければならないことがあります。

例えば、野球などではボールを投げるとき肘に負担がかかることが考えられます。このとき、普段以上に肘を曲げたりすることにより痛みが伴い肘が動かせなくなることも少なくありません。

特に、力強く投げなければならないピッチャーの場合にはひじを痛めることが少なくないでしょう。

投球痛の原因

よくあるパターンとしては、投球痛があります。通常、人間の肘はある程度柔軟にできていますが、必要以上に力をかけてしまうと肘に大きな負担がかかることになるわけです。

特にピッチャーの場合には速い球を投げたり変化球を投げる場合もありますので肘にかかる負担は普通の人の何十倍になるでしょう。力強く投げた時に、関節自体に大きな負担がかかってしまい、肘が腫れてしまうことが考えられます。

これが投球痛の原因と言えるわけです。それ以外にも、体操選手が鉄棒などで自分の体を支えて回転したりする場合にはこのような症状が見受けられることが少なくありません。

まずは当院へご相談ください!

少しでも痛みが伴う場合でも、続けるとさらに痛みが伴うようになります。多少の痛み位は…と思わず、まずは当院へご相談下さい!

初回限定割引

今なら返金保証付き!


※ホームページを見たとご予約時にお伝えいただいた方限定となります
※自費メニュー限定のサービスとなります

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間

みかも鍼灸接骨院 豊川院

住所:〒442-0017 愛知県豊川市佐土町20-1※県道498号線沿い 焼肉天下 隣り

アクセス:豊橋鉄道飯田線【豊川駅】下車 西口から 徒歩約26分